2008年11月24日

コールガール演じる芦名星「こんな役は初めて……」

女優の芦名星が高級コールガール役を演じる映画『ジュテーム〜わたしはけもの』が22日(土)公開初日を迎え、主演と芦名と星田良子監督による舞台あいさつが行われた。

↑クリックして拡大↑

 満席となった会場のステージで芦名は、高級コールガールという役について「強く生きたいともがく姿が美しいと思いました。私自身、こんなに感情を出す役は初めてだったので、すごくおもしろかったです」とコメント。また、加藤雅也との共演では「大変おもしろい方で、まともな話をした記憶がありません(笑)。加藤さんと共演してからはNGをいっぱい出しちゃいました」と撮影のエピソードを語った。

 一方、星田監督は「何かひとつに生きる目線が決まったとき、女はどんどんきれいになる。映画のなかで綺麗になっていく芦名さんをぜひみてください」とアピールした。

 また、この日25歳の誕生日を迎えた芦名にはケーキが贈られ、観客からの祝福を受けた。報道陣から今夜の予定を聞かれると「いつものスポーツ仲間と飲みにでも行っちゃおうかな〜」と煙にまいた。

引用:http://news.mixi.jp/list_news_media.pl?id=54


ラベル:芦名星
posted by omosironews at 12:05| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

小室被告保釈金、エイベックスが立て替え


↑クリックして拡大↑
大阪地裁は21日、3000万円で小室哲哉被告の保釈申請を認めた。5億円の詐欺容疑という金額の大きさから注目されていた保釈金の額。多額の借金で家計が逼迫している小室被告に代わって保釈金を用意したのは、小室被告がメンバーとして加わるグループ「globe」が所属する大手エンターテインメント会社、エイベックスだった。


 注目された保釈金についてこの日、小室被告の弁護士は「周りの方、奥さんをはじめ関係者の方が(用意した)」とだけ話したが、サンケイスポーツの取材にエイベックスは保釈金を用立てたことを全面的に認めた。


 小室被告の代理人弁護士とglobeのボーカルで妻、KEIKO(36)から保釈金の拠出要請の申し入れがあったといい、エイベックスでは「慎重に協議した結果、代理人弁護士とKEIKOの協力の上で用立てることに決めました」と明かした。


 提供した理由については、「逮捕されたことは大変遺憾に思いますが、当社に多大なる貢献のあった小室氏の今の状況は当社にとっても大変忍びなく、また再起のきっかけになればと思い、決めました」と説明した。


 ただ、保釈後の対応については「捜査の行方をみて決めていきたい」とコメント。音楽家としての再起を誓った小室被告の今後には「何も決まっておらず、全く未定」。保釈後の行き先についても「確認中」とした。 


 22日は妻でglobeのボーカル、KEIKOとの結婚記念日。接見した弁護士に小室被告は「KEIKOのいない生活はつらい」と弱音をはいていただけに、1日も早く愛妻と対面したいはずだ。


 KEIKOは10日から父・山田晋太郎さん(享年63)の1周忌法要で大分・臼杵市の実家に戻っている。小室被告は帰京するのか、それとも大分へ向かうのか−。

引用:http://news.mixi.jp/list_news_media.pl?id=42
ラベル:小室
posted by omosironews at 11:09| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

「やさしくなれるんです」――男性用ブラが人気

「オレは男! そんなあなたにも、このやさしさを」――楽天市場のある店舗が販売している男性用ブラジャーが人気だ。メンズインナー「その他」部門の売れ筋ランキング(集計期間11月3日〜9日)で1位になっている。

 「ウィッシュルーム」という店が販売しており、商品名は「メンズプレミアムブラ」。女性用ブラと同じく、バストを包み込むおわんのような形のカップが左右に付いており、背中側のホックを止めて着用する。カップの中にはポケットがあり、パットを入れてボリュームを出すことも可能だ。


↑クリックして拡大↑

 色は黒、白、ピンクの3色。サテンのような光沢がある生地で、ストレッチ性もあるという。価格は2940円。A85(Aカップ、アンダーバスト85センチ)とA90(Aカップ、アンダーバスト90センチ)の2サイズ用意している。ブラと同じ色のショーツも販売している。

 楽天市場のページによると、「どうしてメンズブラはないの?」という客の声を聞いて作ったという。着用のメリットについては「やさしくなれるんです。安心できるんです。そんな“気持ち”が大切なはず」と説明しており、気持ちを引き締めたいときや、女性の気持ちが知りたいときなどに使うことをすすめている。

 ユーザーレビューページには「リラックスアイテムとして必要性を感じ購入した」「肌触りが良いです。後はデザインが可愛ければ」などとコメントが寄せられている。

引用 http://news.mixi.jp/list_news_media.pl?id=32
posted by omosironews at 22:30| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デーブ大久保“隠し子”発覚! 2週刊誌が揃って追撃

デーブ騒動がさらに過熱している。知人の女性を殴ってけがをさせたとして、傷害の疑いで警視庁品川署から書類送検された西武・大久保博元打撃コーチ(41)について、19日発行の週刊誌2誌がそろって追撃記事を掲載。騒動はさらに波紋を広げそうな雲行きとなっている。


 大久保コーチについて特集を組んだのは、「週刊新潮」と「週刊文春」。両誌の記事はいずれも、けがをした女性が大久保コーチの不倫相手で、今年2月に大久保コーチの“隠し子”(男児)を出産したとしている点で共通している。


 週刊新潮によると、大久保コーチは女性と巨人選手時代の平成5、6年ころに知り合い、もともと関西在住だった女性を同コーチが7、8年前に上京させ、東京都品川区内のマンションに住まわせていたという。


 大久保コーチが暴力を振るったきっかけは、女性が別の男性とキスをしている写真を発見し、浮気ではないかと疑ったことから、けんかが始まったとしている。

↑クリックして拡大↑

 さらに、週刊新潮は≪「実はデーブの隠し子は、今回と別に他にもいる。35、36歳になる広島の美人ホステスとの間に男の子が生まれています」≫と報道。週刊文春も≪「どうやら、所沢や広島にも愛人がいるようで、養育費を払っている子供もいると聞きます」(別の球界関係者)≫とし、新たな火種も。大久保コーチには妻との間に3人の子供がいる。


 ナベQ西武の日本シリーズ、アジアシリーズ制覇に貢献した大久保コーチだが、私生活を巡る騒ぎは混迷の度を深めるばかり。大久保コーチは今月12日、「刑事罰を受けるようなことは、自分の中ではしていない。殴ってはいない」と主張。球団も現段階で処分は考えていないとしているが、今後、検察の判断が注目されることになる。

引用:http://news.mixi.jp/list_news_media.pl?id=43
ラベル:デーブ大久保
posted by omosironews at 21:05| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

<隠し撮り>ズボンの女性の尻撮影も有罪 最高裁が上告棄却


↑クリックして拡大↑
ズボンをはいた女性の尻を隠し撮りした行為が罪になるかが争われた刑事裁判で、最高裁第3小法廷(藤田宙靖=ときやす=裁判長)は10日付の決定で、有罪と判断した。その上で、北海道迷惑防止条例違反に問われた自衛官の男(31)の上告を棄却。罰金30万円の逆転有罪とした2審・札幌高裁判決(07年9月)が確定する。

 決定などによると、被告は06年7月、旭川市のスーパーで約5分間、女性客(29)の後をつけ、尻を狙ってカメラ付き携帯電話で計11回撮影した。弁護側は無罪を主張した。

 道条例は他都府県の条例と同様に「公共の場所で人を著しく羞恥(しゅうち)させるような卑わいな言動」を禁じている。小法廷は「被告の行為が『卑わいな動作』であることは明らかで、被害者を著しく羞恥させるもの」と指摘した。

 5裁判官のうち田原睦夫裁判官は「着衣した尻は乳房などに比べ性的意味合いは低く、それを見る動機もさまざま。撮影行為自体に卑わい性は認められない」と指摘。客観的に著しく羞恥させる行為とは評価できないとして、「被告は無罪」と反対意見を述べた。

 1審・旭川簡裁は「後ろ姿全体を撮影しようとしたかもしれず、容認できないほど甚だしい卑わいな行為とは言えない」と無罪を言い渡したが、2審は覆した。【北村和巳】

引用:http://news.mixi.jp/list_news_media.pl?id=2
posted by omosironews at 21:05| 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バナーを張るだけで、ポイントゲット。

楽天で、バナーを貼るだけでポイントをもらえるキャンペーンをやっています。キャンペーンはこちら

貼るだけでポイントがもらえるので簡単ですね。
ラベル:楽天
posted by omosironews at 20:48| 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

ケータイ小説家の女逮捕、女子高生ファンにわいせつ容疑


↑クリックして拡大↑
ケータイ小説作家の立場を利用して、ファンだった兵庫県内の高校1年の女子生徒(16)にわいせつな行為をしたとして、県警少年育成課と明石署は12日、茨城県小美玉市中延のパート店員横森みさ子容疑者(35)を県青少年愛護条例違反容疑で逮捕した。

 ケータイ小説は、女子中高生の間でブームになっているが、専門家から「筆者と読者の距離が近いが、相手がどんな人間なのかまでは見えない」と危険性を指摘する声も出ている。

 発表によると、横森容疑者は7月11〜13日、神戸市内のホテルで生徒の体をさわるなどした疑い。容疑を認めているという。

 横森容疑者は「MISA」のペンネームで、携帯サイトに恋愛小説を投稿。生徒は今年2月頃に小説を読んでファンになり、掲示板に感想などを書き込んだことで知り合った。

 その後、横森容疑者は「早く会いたい」「抱きしめて」などのメールを100通近く送信。書き下ろし小説をプレゼントするなどして生徒に近づいたという。

引用:http://news.mixi.jp/list_news_media.pl?id=20
posted by omosironews at 21:14| 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

実写映画版「ドラゴンボール」の大猿になった悟空が衝撃的な姿に


↑クリックして拡大↑
「緑色でないピッコロ」など、あまりにも原作からかけ離れていることで話題の実写版ドラゴンボールですが、大猿(大きくなっていないので、まさかスーパーサイヤ人?)になった悟空の画像が流出したようです。

その驚愕の姿は想像を絶するもので、完全に原形をとどめていない姿になっています。元画像を掲載したDBTheMovie.com では配信元の20世紀FOX社から画像削除依頼を受け画像が消えているため、本物である可能性が高いと思われます。
どう比較してみても、同一キャラクターとは思えないデキ。まるでどこかの宇宙人のような姿の悟空の姿にネット上では「あんまりだ」という声が続出。もしかすると、権利関係や契約上の縛りでキングコングを連想させる大猿を登場させるわけにはいかなかったという、製作上の都合も存在しているのかもしれないという話もあるようですが、この姿にドラゴンボールファンは嘆いている事でしょう。

元ソースになったDBTheMovie.comでは、「Removed by request of Fox」と表示され、20世紀FOXによって画像が削除されています。映画会社が削除依頼を行う所をみると、この画像は本物である可能性が非常に高いと考えられます。

さまざまな意味で楽しませてくれる実写版ドラゴンボール、今後どのような展開を見せてくれるのか、原作からかけ離れていますがなんだかワクワクしてきました

引用:http://news.mixi.jp/list_news_media.pl?id=49
posted by omosironews at 22:24| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

<大麻>プロテニス選手ら2人、所持容疑で逮捕


↑クリックして拡大↑
大麻などを隠し持っていたとして関東信越厚生局麻薬取締部は8日、プロテニスプレーヤーの宮尾祥慈(じょうじ)(27)=東京都目黒区碑文谷=と、元アダルトビデオ女優で飲食店従業員、菊地有紗(ありさ)(22)=港区高輪=の両容疑者を大麻取締法違反(共同所持)容疑などで逮捕したと発表した。いずれも容疑を認めているという。

 調べでは、2人は10月15日午前10時35分ごろ、菊地容疑者宅のマンションで、乾燥大麻約0.7グラムなどを所持していた疑い。調べに対し菊地容疑者は「宮尾容疑者に勧められて大麻を始めた。9月ごろに都内のホテルで日本人の密売人から買った」と供述しているという。

 2人は9月から交際し、大麻は菊地容疑者宅に保管して使用していたという。日本テニス協会のホームページによると、宮尾容疑者は04年10月にプロに転向。主に国内大会で活躍し、同協会のランキングは9月末現在で23位。【武内亮】

引用:http://news.mixi.jp/list_news_media.pl?id=2
posted by omosironews at 18:45| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

小室哲哉容疑者 お蔵入り自伝のすごい中身

投資家への音楽著作権の売却話を巡る詐欺事件で大阪地検特捜部に逮捕された音楽プロデューサーの小室哲哉容疑者(49)。住民税の滞納で、自宅のある東京都港区役所から著作権使用料の一部を差し押さえられていることが発覚。生活の困窮ぶりがうかがえるが、一獲千金を狙ったと思われる自伝の出版がお蔵入りしていたことも明らかになった。

 「タイトルは『小室哲哉 4年間の空白』で、かなり赤裸々なノンフィクション自伝に仕上がる予定だった。9月にの発売が予定され、初版は異例の10万部、出版社も決定していたが、突然お蔵入りになった」(出版関係者)
 小室容疑者は全盛期の96年に1冊目の自伝「小室哲哉 真相の美意識」(講談社)を発売したが、2冊目の自伝では自ら味わった“ドン底”を描こうとしていたという。
 「『告白』、『生と死』、『明暗』、『今、貧乏ですが何か?』などかなり意味深な見出しで各項目がつづられていたそうです。特に『今、貧乏ですが何か?』の章には全盛期に比べていかに金がないのかが詳細に語られていたらしい。さすがに、音楽著作権売買にまでは触れられてなかったようですが」(同)
 今となっては、小室容疑者がなんとか金欠を解消するための自伝出版であったことが推測できるが、自伝出版を決めるまでにはどんな経緯があったのか?
 「今年の春ごろに小室容疑者の意向を受けた事務所スタッフが何人かの出版プロデューサーと会って話をしたそうです。ところが、最初のタイトルは『小室哲哉 ゼロからのスタート』という平凡なもので、どこも相手にせず“たらい回し”されとか。ある出版プロデューサーにタイトルの変更を提案され、『小室哲哉 4年間の空白』にしたそうです」(芸能記者)
 小室の原稿は完成し、「10社ほどの出版社から1社が決まった」(同)と、後は発売するだけだったが、結局、お蔵入りに。
 「小室容疑者の事務所が『今、貧乏ですが何か?』はどうしてもNG、とクレームをつけて譲らなかったようです。出版にかかわった人間は、まさか今回の事件のようなことになっているとは誰も知らなかったようで、事務所関係者のクレームを全く理解できなかったといいます。小室容疑者が1万部を買い取るということで話もついていたそうです」(同)
 ちょうど発売が予定されていた9月には、一部で小室容疑者と今回、被害にあった投資家とのトラブルが報じられたが、お蔵入りには、ほかにもっと深い理由もあったようだ。
 「大手の芸能プロや、決して表に出てはいけない関係者の固有名詞がちりばめられていたとか。そんな本が表に出れば、小室容疑者は芸能界から抹殺されます」(同)
 小室容疑者がいかに切迫していたかがうかがえる。

↑クリックして拡大↑
あの頃の面影はどこへ・・・

この人は
イメージ転換成功しましたね。
ラベル:小室哲哉
posted by omosironews at 22:09| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

ナナリーのおでんで心からあったまりたい! 「ギアスR2」ドラマCDが明日発売!

flying DOG/JVCエンタテインメントは、TVアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュR2」のCD「コードギアス 反逆のルルーシュR2 Sound Episode 5」を明日11月5日に発売する。価格は1,995円(税込)。


↑クリックして拡大↑

 「コードギアス 反逆のルルーシュ R2 Sound Episode」は、TVシリーズでは語られないドラマ2本と、キャラクターソングを収録したCDシリーズ。毎月1巻ずつリリースされ、全6巻構成となっている。

 第5巻に収録されるドラマは、都会の片隅でしがない小さなおでん屋を営む“ナナリー”とギャンブラーの兄“ルルーシュ”を軸に、泣ける話が展開する「おでん屋 ナナちゃん」。そして「いじめてオーラ全開系メイド属萌え萌え少女」になってしまった“C.C.(シーツー)”を元に戻すべく、皇帝“シャルル”の助言を聞いた“ルルーシュ”がギアス嚮団の地下都市に生える神秘のキノコ「Cタケ」を食べさせる「Cタケ られた C.C.」の2本となっている。そしてキャラクターソングは、“ナナリー”が歌う「ティアラの気持ち」が収録される。

 ますますブレーキが効かなくなってきているシリーズ第5弾、ファンならば購入してみては?


↑予約↑

(C)SUNRISE/PROJECT GEASS・MBS
Character Design(C)2006-2008 CLAMP

引用:http://news.mixi.jp/list_news_media.pl?id=48
posted by omosironews at 21:57| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

木村拓哉の面白画像

先月30日、Yahoo!ニュースで報じられた「木村拓哉さんの自宅に空き巣か 東京・目黒」という記事が、ネット上で話題になっている。というのも、このニュースに掲載された木村拓哉の画像が、イラスト処理されたような見慣れないものだったのだ。

kimuratakuya.jpg
         ↑クリックして拡大↑

この画像に対して、記事配信直後から、ネット上の掲示板などでは「写真爆笑した」「印象派?」「写真こえええええええええ」「この写真、ちょ、待てよ!」「これ誰? オバマ?」など、報道の内容はそっちのけでツッコミが集中。それにしても、なぜこんな強烈な画像が......? さっそく、配信元の産経新聞に話を聞いてみた。

「今回、木村拓哉さんのニュースということで、イメージが沸きやすいようにと画像を使用しました。この画像は、以前、産経新聞の紙面で木村拓哉さん関連の記事を掲載した際に使ったものなんですよ。その画像の二次使用になります。画像を使用したことに、特に深い理由はないんです。ただ、使えるものがあったから使った、というだけで」

 と、どうにも歯にモノが詰まったような口ぶり。この画像を見てキムタクのイメージが沸くかどうかはさておき、今後もジャニーズ関係のニュースにはこうしたイラストを使用していく予定なのだろうか。

「いえいえ、そんな予定はありません」

 ちなみにイラストに署名されている「@anko」というサインについても、「こちらでは分かりません」とのことだった。

 ジャニーズ事務所が所属タレントのウェブでの画像使用を規制していることは周知の通りだが、大手新聞社の報道でさえ実写画像を使わない(使えない)ということが改めて確認された今回の事例。読者にとっては明らかに不自然な印象を受けるものであり、大手マスコミとジャニーズ事務所との奇妙な関係性を物語る一件といえそうだ。
ショッピング枠現金化 ベストクレジット
今月のNo.1会える出会い系サイトはどこ?

引用:日刊サイゾー
ラベル:木村拓哉
posted by omosironews at 10:06| 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。